自分が利用している商品やサービスは定期的に見直しをすることが大切!

今月の初旬にトレンドマイクロからこんなメールがきました。

お客様のTrend Micro, Inc.のサブスクリプションは間もなく自動的に更新されることをお知らせいたします。 サブスクリプションをキャンセルなさる場合は、以下のリンクにアクセスしてください。
製品名: トレンドマイクロ ウェブセキュリテ
契約日: 12/27/2016
有効期限: 03/27/2019
金額: 2,037円

トレンドマイクロの製品は、スマホやタブレット、パソコンなどいろいろ利用しています。

メールに載っている製品名だけではどの何なのか自分でも分からず、メールに載っていたリンクは、何度やってもエラーで開かない。仕方ないので、電話で問い合わせをしました。

注文番号をもとに確認してもらうと「トレンドマイクロ ウェブセキュリティ for PlayStation?Vita(R) 1年版メンバーシップ」であることが分かりました。

おや?ゲームで1年版?契約日が2016年ということは、去年も一昨年も自動更新をしているということ。

おそらく今回のようにメールは来ていたと思いますが、スルーしていたのでしょう。

今回は自動更新の解除をしたいと電話で伝えると「電話での解除はできないので、オンラインの画面上から手続きをしてください」とのことで、オペレーターの指示のもと入力を済ませ、返信のメールを待っていました。

これが3月18日のこと。

22日の届いたメールを読んでびっくり。

お客様のトレンドマイクロ ウェブセキュリティ for PlayStation?Vita(R) 1年版メンバーシップは自動的に更新されました。クレジットカード明細に今回の購入先業者としてDRI*Trend Microが表示されていることにご注意ください。

先日の番号に問い合わせてみると、部署が違うので別の番号にかけてくれと。

「さかのぼって解除ができるか分からないが」というエクスキューズ付きで、技術的な窓口の番号を教えてくれたのでかけてみると、そこはPlayStationの技術的窓口でした。

丸なげされました。

はじめの数分はお互いに話が噛み合わず、結局のところ今更ゲーム機の方で更新解除の操作はいらないので、トレンドマイクロの画面上から解除の操作をしてくださいとのこと。

またトレンドマイクロに問い合わせてみると、電話での話し合いができないとのことで、メールでの返信を今も待っていて、問題は解決されていません。

今回の件に限らず、一度購入した物で今は使用していない商品やサービスの自動更新を、面倒臭かったり、解約の方法がよく分からなかったり、金額が少額だったりと、そのままにしている人も多いはず。

自分が利用している商品やサービスはしっかりとメモを残し、定期的に見直しをすることが大切と再認識しました。