Google Meet 【バーチャル背景】画像を設定する全手順 紹介

Google Meetでも背景を変えたい

先日、社員との1on1(個別面談)のコミュニケーションツールとして Google Meet を使ってみることを決めました。

社員から質問で「自宅からだと背景に映り込む画像が気になる」とか「背景画像を変えられないの?」という質問があったので少し調べてみました。

Snap Camera で変えられる

ZOOMではバーチャル背景を自由に選べますが、Googleハングアウトや Meet でバーチャル背景を使用するには「Snap Camera」というのをインストールすると無料できます。

Windows でも Mac でも使用可能のようですが、今回はMacでの設定方法を紹介します。

Snap Camera のダウンロード

ここから「Snap Camera」のダウンロードをはじめます。↓

snap camera DL

「Download」からダウンロードページに移動し、規約に同意してメールアドレスを入力してダウンロードをします。

snap camera 同意

次にインストーラーを起動します。

snap camera インストーラー

Snap Camera を起動

snap camera 起動

「Snap Camera」を起動したら、背景にする画像を選択します。

背景だけでなく自分の顔を変形させたり、画像をデコレーションしたりできます。

画面右上の歯車アイコンからカメラなどの設定ができるようになっています。

設定

設定画面の「Run Snap Camera on system startup」=バーチャル画面が初期設定では「オン」になっています。

普段は実際の背景でビデオチャットをしたい場合は、ここを「オフ」にしておきます。

sanap camera off

頻繁にバーチャル背景を使用しない方は、「オフ」にしておくのがいいでしょう。

背景にする画像等を選択

カメラの設定ができていれば、選んだバーチャル背景画面が表示されます。

例えば、背景画像を「オフィス」風にしたいときは、「office」で検索してみると

snap canera 検索

いくつか候補から選べます。下の画像は変更した「オフィス風」背景です。

snap camera office

星印を黄色にしておくと、お気に入り登録ができます。

Google Meet で使用する手順

「Snap Camera 」の設定ができたら Google Meet を開いて設定します。

Google Meetの画面の歯車アイコンから、カメラ設定を「Snap Camera」に変更します。

meet 設定

meet設定

meet設定snap camera

これで Google Meet でもバーチャル背景が使用できます!

準備完了!

これで Google Meet でもバーチャル背景を利用することができます。

いろいろ試してみて、使ってみた感想などをまた記事にしたいと思います。

 

煙山 光宏

1970年生まれ。
フソウ開発工業株式会社の2代目社長であり、けむやま行政書士事務所の代表行政書士です。