第10回富士山マラソン走ってきました。

第10回記念 富士山マラソン 兼 第22回日本IDフルマラソン選手権大会

第10回記念 富士山マラソン大会は、2021年11月28日(日)に河口湖・西湖周回コースで開催されました。

当日の河口湖のアメダスを調べてみると、9時のスタートの時の気温は、4.2°Cで快晴。

絶好のマラソン日和でした。

実は富士山マラソンは2018年に一度、走ったことがあるのですが、この時完走はできませんでした。

前回、富士山マラソンを走った時の記事はコチラ↓

練習はほぼしてないも同然で当日をむかえる

私がiPhoneに入れて使っているランニングアプリは「TATTA」というアプリです。

ランニング記録をさかのぼって見ると、9月後半から少しずつ練習を始めてました。

1回のランニングで4kmから5kmほどの距離で、4回/日で合計19.0kmでした。

10月は少し増えて、7回/日で合計29.9kmでした。

11月は1回しか走れてなく、そのままフルマラソン本番を迎えました。

TATTA

前回の千歳マラソンの時との比較

最後にフルマラソンを完走したのは、2019年6月に走った千歳マラソンでした。

今回は千歳マラソンの時と比べて、体重が約10kgほど増えて81kg。

左膝裏に慢性的な痛みありで、特に治療はしてませんでした。

階段の登り降りで少し息切れする感じで、完全におデブっ子クラブのメンバーになっていました。

富士山マラソン当日の様子

当日の朝7時頃に、ゼッケンとチップを受け取りに受付会場へ。

第10回富士山マラソン

第10回富士山マラソン

第10回富士山マラソン

朝9時のスタートから3kmくらいまでは、相変わらずのオーバーペース。

と言っても7分30秒/kmとかなりゆっくりでしたが、おデブっ子にはキツイ。

今回は家族が沿道で応援に来てくれたのですが、連絡ミスで気づかずに通り過ぎてしまった。

10km地点までですでに何度も歩く始末。

このあたり位から左膝裏痛くなる。

足の痙攣、腰の痛みが次第に強くなり歩くのも辛い。

何度も止まってストレッチするも、ハーフ辺りでは前脛骨筋、腿表裏、足指、が攣る。

20km過ぎに登り坂があり、ここを歩いて登り切った時に自分が「最後尾」ということに気づく。

富士山マラソン最後尾

足の裏、背中、腰が重く痛くて、地面に寝転がりたかった。

結局、27km地点で、関門11分オーバーでリタイヤとなりました。

ランニング練習と体質改善を誓う

一緒に走った仲間たちに話を聞くと、走っている間は脚が痛かったり辛いけど、身体が攣ることはないということが分かった。

私はいつ走ってもフルマラソン本番では、身体中痙攣して攣るのです。

水分をしっかり取りながら走っても、攣らないように漢方薬を飲んでも、どうしても攣るのです。

脚だけでなく背中や腕までも。

回収バスの中で座った途端、左腿裏がピーンと攣る。

ランニングの練習を計画的にせずにフルマラソンを走るなんて、無謀でした。

フルマラソンは何度か走ったことがあったし、練習しなくても「何とかなるだろう。」なんて考えてました。

来年もこの大会でリベンジを誓い、体を整え体質改善することをします。

富士山マラソン

12月2日にようやく筋肉痛がほぼなくなりました。

煙山 光宏

1970年生まれ。
フソウ開発工業株式会社の2代目社長であり、けむやま行政書士事務所の代表行政書士です。