女性の活躍で新たな行動計画策定

建設業は、女性が少ない職場の一つです。

特に土木の現場では、以前は皆無に等しい状況でした。


今日の日本工業経済新聞に載っていた記事から。

国土交通省は、2014年時点では女性技術者は1万人、女性技能者9万人だったのを、2019年には女性技術者2万人、女性技能者18万人に倍増させる目標を掲げています。


計画には①教育現場と連携した建設業の魅力・やりがいの発信、②長時間労働縮減や計画的な休暇取得など女性も働きやすい現場のソフト面の整備、③活躍する女性の表彰、④女性の活躍を支える地域ネットワークの活動支援などが盛り込まれています。

最近は10トンダンプの運転手や誘導員、ゼネコンの現場監督の補助者に女性を見かけることもありますし、「ドボジョ」なんて言葉もあるようです。

しかし、トイレや更衣室の用意をはじめ、様々な受け入れ態勢が整っていないのが現状です。

弊社でも、女性が安心して活躍できる現場にしていけるように取り組んでいきたいと思います。

固定観念や偏見・差別が、女性の活躍の弊害とならないように、業界全体で取り組まなければなりません。

もっと女性にも土木の現場仕事に興味・関心を持ってもらえるように、女性でも土木はありなんだ!と選択肢に入るようにしたいものです。