エレキベース初心者 練習方法がわからなくても1日10分触るのが上達への近道 

エレキベースを手にしてみたけど、何からやっていいかわからない

早く好きな曲を弾けるようになりたいけど、どうやって練習したらいいのかよくわからない人も多いと思います。

指で弾く基本の「ツーフィンガーピッキング」を習得することが上達への近道。

ベースギター初心者の私がはじめた練習方法を紹介します。

右手の練習

通常(右利き)は右手で弦を弾いて、左手で弦を押さえます。

弦の弾き方は指で弾く方法と、ピックで弾く方法があります。

今回は指で弾く基本の「ツーフィンガーピッキング」を紹介します。

ツーフィンガーピッキングは、人差し指と中指で交互に弦を弾く奏法。

基本的にはどちらの指から弾きはじめてもOK。

弦の弾き方は「アポヤンド」と「アルアイヤ」がある

アポヤンド[apoyando] とは、ギターやベースの弦を指の腹側で弾いた直後にとなりの弦に触って止める右手の奏法のひとつです。

クラシック・ギターやフラメンコ・ギターで一般的な奏法で、しっかりとした太い音が得られるため、エレクトリック・ベースでも必要不可欠な奏法となっています。

アルアイヤというのは、弦を弾いた指を弧を描くようにして弾いて音を出す奏法で弾き終ったら、弾いた指は弦には触れません。

どちらの弾き方でも親指の位置は、ピックアップの上に置くのが基本となります。

左手の練習

左手はフレット上で弦を抑えて、音階を変えることができます。

抑える力が弱かったり抑える位置が悪いと、いい音が出ません。

4弦の5フレットを人差し指で押さえて、6フレットを中指で、7フレットを薬指で、8フレットを小指で順番に押さえる練習をします。

3弦から1弦も同じようにします。

弾いてない弦の音を消すにはどうするの?

弾いていない弦(オープン弦)でも、他の弦を弾いてみると微妙に響いているのがわかります。

オープン弦が共振しないように「ミュート=軽く弦を触って音を消す」をするには、左手の場合は弦を抑えていない指で軽く触って音を消します。

右手でミュートするには、①右手の腹で弾いてない弦に軽く触れる、②ピッキングしてない指で軽く触れる、③親指の位置をピックアップから弦(4弦など)に移動してミュートする方法があります。

テンポをキープするには

ベースはリズム楽器です。

メトロノームを使って、はじめは四分音符で90/分くらいのテンポで練習すると効果的です。

メトロノームがない場合は、スマホのアプリでいろいろ出ているので試してみることをお勧めします。

1日10分でもベースに触ること

できれば毎日10分でもいいから、ベースに触ることが上達の近道だと思います。

テレビを見ながらでも弦は抑えられますから、早く好きな曲を弾けるように、頑張ります!

 

この記事を書いた人

煙山光宏

煙山光宏

ブログ始めました!
詳しいプロフィールはコチラ