江ノ島・腰越で釣り

先日、9月某日に電車で片瀬江ノ島に釣りに行ってきました。

 

忙しくてなかなか時間が作れなかったので、4ヶ月ぶり今年2回目の海釣り。
大宮から上野東京ライン東海道線直通で藤沢まで行き、小田急線に乗り換え7時半に片瀬江ノ島駅に到着。

まずは「湘南港灯台」まで歩いて向かったのだが、工事中で釣り禁止となっていた。
仕方なく岩屋洞窟方向へ重い荷物を持って移動。

江ノ島裏

向かう途中に釣りを終えて戻ってくる人とすれ違う。
今日はダメかな、と直感。
とりあえず仕掛けをセットし投げてみるが、全くあたりがない。
堤防でのんびりしよう、という事で片瀬漁港へ歩いて向かう。

片瀬漁港

10時からお昼までいたが全くアタリがなく、周りも何も釣れてない。
こりゃダメだ、気合いを入れて腰越漁港まで歩いて移動。
先客は2名のみで、のんびりできそう。
水中をみると何やらメジナの幼魚、カワハギのような魚、謎の縞模様の魚が見える。
「パワーイソメ」を漂わせるとアタリがきた。
釣れたのは謎の縞模様の魚。

釣果

もう一本の竿では「アミ姫」&サビキで小魚を集めているとイワシが回ってきた。

イワシ

この時点ですでに18,000歩以上歩いていたので疲れてしまい、15時半に終了。
生シラス丼も食べずに家路につきました。

家に帰ってから調べたら縞模様の魚は「カゴカキダイ」といい、美味いらしいことがわかった。