バイク免許「一本橋」通過のイメージで落ちなくなるコツに気づいた!

2020年10月から普通二輪免許を取得するために教習所へ通いはじめました。

「一本橋」が苦手

私が一番苦手だった課題は「一本橋」です。

「一本橋」とは、『長さ15メートル、幅30センチ、高さ5センチ』の直線の台の形をしてます。

この課題は、3メートル手前の停止線で一時停止してからスタートします。

普通二輪(400cc以下)免許の場合は、7秒以上かけてゆっくり落ちずに通過しなければなりません。

一本橋

卒業検定での失格行為

卒業検定の本番での失格行為がいくつかありますが、「一本橋に乗れない、一本橋を踏み外す、通過出来ない、転倒する」などしてしまうと「失格」となり、検定はそこで中止になります。

教習所の教官が言うには「40歳から50歳くらいの年齢になると、バランス感覚が悪くなり途中で落ちる人が多い」らしいです。

私も「一本橋」に乗った瞬間に落ちてしまったり、乗れてもグラグラしてすぐに落ちてしまってばかりでした。

乗り上げた後、どうしても序盤でバランスが保てないのです。

一本橋で落ちてしまう原因は

何度やっても「一本橋」の途中で落ちてしまう原因は、

①ニーグリップができてなく、膝が開いてグラグラしていること

②目線が前輪とそのすぐ先あたりを見ていること

③上半身が起きてしまい重心が悪いこと

④両腕を突っ張ってしまっていること

でした。

教官からのアドバイス

教官からのアドバイスは、

①タンクを膝でしっかり挟んでニーグリップする

②股でタンクを持ち上げるイメージ

③タンクの中央に重心を持ってくる

④両手のひらにも体重を乗せる

などでした。

なんと言っても、両膝でタンクをしっかりと挟む「ニーグリップ」と「目線を遠くに」することはとても重要です。

気づいたコツ

何度やっても「一本橋」は最後まで通過できませんでした。

しかしある時、別の課題で「障害」の間を通過しているときに気づいたのです。

「障害」はバイクが1台通過できるほどの間隔で左右にポールが立っていて、その間を徐行するコースです。

「あれっ?障害の間を通っている時って左右のポールに一度も当たってしまったことがないぞ!」

「障害を通っている時ってタイヤの軌道は、一本橋と同じじゃん!」

このことに気づいてから「一本橋」を通過する時、左右両脇にポールが立っていてそれに当たらないように行こう!とやってみたら、落ちずに通過することができました。

相変わらず「ニーグリップ」は甘く、教官に「生まれたての小鹿みたい」と言われましたが、コツをつかみ少しづつ安定して通過できるようになってきました。

卒検に向けて

今は2段階の途中で、実際にバイクに乗車できるのは残り3回くらい。

本番直前まで二つあるコースのうち、どっちのコースで検定を受けるかわからないので、しっかりコースを覚えなければなりません。

教習所

 

 

 

煙山 光宏

1970年生まれ。
フソウ開発工業株式会社の2代目社長であり、けむやま行政書士事務所の代表行政書士です。